熊本城マラソン2016

マイページログイン

ゲスト・招待・要請選手・応援アンバサダーの紹介

ゲストランナー紹介

熊本城マラソンに出場するゲストランナーをお知らせします。

Eric Wainaina(エリック・ワイナイナ)

Eric Wainaina

日本をこよなく愛する心優しい五輪メダリスト

1993年高校卒業後単身ケニアから来日。コニカ陸上競技部に所属し(2006年3月まで)、1994年北海道マラソンでいきなり初マラソン初優勝を飾り、一躍注目される。その後コンスタントに結果を残し、1996年アトランタ五輪で銅メダル、2000年シドニー五輪で銀メダルの偉業を達成。3大会連続出場となったアテネでも7位入賞の実力を見せる。2010年にはサロマ湖100kmウルトラマラソンで優勝するなど、現在も現役ランナーとして数々の大会に出場している。気さくな人柄でサービス精神旺盛。子どもからお年寄りまで、幅広い人気。好物はどんぶり物というくらい日本での生活に溶け込み「日本が第二の故郷」。好きな言葉は「Never give up」。

生年月日 1973年12月19日
出身地 ケニア共和国ニャンダルワ市
身長/体重 175cm/59Kg
出場種目 歴史めぐりフルマラソン
片岡 安祐美

片岡 安祐美

茨城ゴールデンゴールズ監督兼内野手。1986年、熊本県生まれ。

小学校3年時に野球を始め、中学では男子選手に交じって2番・セカンドで県大会ベスト8に貢献。甲子園を目指して熊本商高に進むが、規定により公式戦出場はならなかった。

中学3年時より女子日本代表に選出(当時最年少選出)され、2003年第3回女子野球世界選手権初優勝、翌年第4回大会では2連覇を達成。

2008年に愛媛・松山で開催された第3回女子野球W杯でも世界一を経験した。

2005年からは萩本欽一監督(当時)が創設した茨城ゴールデンゴールズへ。
2010年萩本監督の勇退に伴い、2011年より監督を兼任。
2014年「第39回全日本クラブ野球選手権」において、チームを優勝に導く(女性監督では史上初) 背番号1

生年月日 1986年11月14日
出身地 熊本県
出場種目 城下町4キロ
朝日 健太郎

朝日 健太郎

1975年生まれ。元ビーチバレー日本代表(フォーバル所属)

バレーボール全日本男子チームの選手として活躍後、2002年、インドア全日本代表からビーチバレーに転向。2007年国内ツアーでは史上初の5大会完全制覇を遂げ、2008年北京オリンピックに日本人男子として12年振りに出場し、日本ビーチバレーにとって歴史的な五輪初勝利を上げ、9位に輝く。
2012年にもロンドンオリンピックの出場を果たす。

同年、引退。引退後は、インドアバレーの解説や講演活動、メディア出演など多岐にわたり活動している。 また、日本のビーチ活動を支援するビーチ文化振興協会理事長に就任し、ビーチとインドアバレーの架け橋になるべく活動している。また東日本大震災で被災した東北のビーチ復興にも力をいれ、バレーボール教室なども実施している。

生年月日 1975年9月19日
出身地 熊本市
出場種目 城下町4キロ
ロアッソ熊本

ロアッソ熊本

プロサッカーチーム(J2)

熊本市をホームタウンとして、「県民に元気を」「子どもたちに夢を」「熊本に活力を」をチーム理念に掲げ、2008年にJリーグに入会。J1への昇格を目指し活躍中。

ロアッソ熊本 原田 拓、矢野 大輔、小林 弘記、鈴木みのり

出場種目 城下町4キロ
出場者 原田 拓、矢野 大輔、小林 弘記、鈴木みのり

応援アンバサダー紹介

高良 健吾

高良 健吾

熊本市 わくわく親善大使

1987年11月12日生まれ。熊本市出身。俳優。

2015年主演映画「悼む人」「きみはいい子」で日刊スポーツ映画大賞主演男優賞を受賞。NHK大河ドラマ「花燃ゆ」にも出演。2016年「ふきげんな過去」「うつくしいひと」「蜜のあわれ」が公開。1月スタートのフジテレビ系連続ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」に主演。

生年月日 1987年11月12日
出身地 熊本市

熊日30キロ 招待・要請選手紹介

金栗記念熊日30キロロードレース招待・要請選手
※「ナンバーカード/氏名/大会当日年齢/所属」の順に記載

招待選手・男子
ナンバーカード 選手名 年齢 所属
1 村澤 明伸 24 日清食品グループ
2 菊地 賢人 25 コニカミノルタ
3 設楽 啓太 24 コニカミノルタ
4 服部 翔大 24 Honda
5 大津 顕杜 24 トヨタ自動車九州
6 松本 稜 25 トヨタ自動車
7 小山 大介 28 中電工
8 門田 浩樹 30 カネボウ
9 椎谷 智広 29 トヨタ紡織
10 口町 亮 21 東洋大学
11 櫻岡 駿 21 東洋大学
招待選手・女子
ナンバーカード 選手名 年齢 所属
301 松見 早希子 27 第一生命
302 野村 沙世 26 第一生命
303 西川 生夏 28 シスメックス
304 新井 沙紀枝 21 大阪学院大学
要請選手・男子
ナンバーカード 選手名 年齢 所属
101 伊藤 正樹 26 コニカミノルタ
102 渡邉 大輔 22 トヨタ自動車九州
103 松宮 祐行 36 日立物流
104 高嶺 秀仁 29 富士通
105 黒川 翔矢 23 JR東日本
106 平田 啓介 24 黒崎播磨
107 木村 直樹 23 黒崎播磨
108 佐藤 寛才 26 小森コーポレーション
109 吉田 浩太郎 36 Honda栃木
110 宇田 朋史 21 拓殖大学
111 戸部 凌佑 19 拓殖大学
112 藪下 響大 21 明治大学
113 山本 航平 21 日本体育大学
要請選手・女子
ナンバーカード 選手名 年齢 所属
401 大貫 真実 24 シスメックス
402 宮内 洋子 32 ホクレン
403 髙谷 静香 25 愛知電機
404 坂元 えり 21 肥後銀行
405 猪原 千佳 20 肥後銀行
406 林 和佳奈 20 大阪学院大学
407 平安名 由莉 21 大阪学院大学